2014/12/01

免許取得あれそれ~言葉とまじない

まだまだ続く。

前回の「言葉選びと理解」を受けて…と見せかけて、別の話。
繋がる話ではあるかもしれないけど、それなら先日書いた「うつと自己肯定」の方が繋がってる気がします。




「免許が取れる気が全くしないんだけど。」

取得前は、割と頻繁に思っていました。ついでに、言ってました。
でも、私自身はそんな事言いたくないのです。なのに、言ってしまう。

何故かしら?

そう思った時
「日本で運転してるなら、一回目の試験で取れるよ~」
と、結構な回数言われていた事を思い出しました。

どうも、その様に言ってもらっていたのに落ちた時、自分がショックを受けるのが嫌で反対の言葉を自分で発して打ち消そうとしているかもしれない…と思いました。

でも、自分で自分に「無理」って言いたくないんです。

自分がやる時はやれると、知っているから。
「やる」か「やらないか」って時に「やるしかないからやります」となってるだけかもですが。
自分で自分に「無理」と言うと、本当に出来なくなっちゃいそうで嫌だから。

何よりも、私にとっては私自身の言の葉が一番強い力を持っています。

それは、一種の強力な呪い。
だからこそ、「つらい」とか「しんどい」とか「きらい」「さみしい」…そんなマイナスの感情を表す言葉は言いたくないです。その言葉に、引きずられるから。

私は、まだそんなに強くないです。
でも、私が一番私を気にして、「私の心」を大事にしてあげなければ、誰が看てくれるというのか。
たわぁがいる?
いやいや、あの人は私が崖の下に落ちてたら「そこから這い上がって来るには、自分で登るしかないから、自力でなんとかして(必要な物があったら投げるから)」って言う人ですよ´ω`うふふ
そんな訳で、自分で自分のお世話をしながら今日ものんびりと過ごしております。


余談。
これらのことをたわぁに話したら…

た「ゆえさん、言われても言われなくても、落ちたら凹んでるよ」
私「…うん、たわぁはその点そう言う事言わないからいいよね…」
た「(ドヤ顔)」

みたいな会話があったのでオチとして置いておきます(´¬`)<まったくもってその通りで…
基本、前準備中は放置されてたい。そんな私です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
モバイル端末からのコメントはこちらへ

0 件のコメント:

コメントを投稿