2014/09/14

★声 :: 智恵子抄四篇

「吹雪の夜の独白」
「智恵子と遊ぶ」
「報告」
「うた六首」

気付けば、智恵子抄本編の最終回。
次回から普通の本読みになるわけですが、この調子で途中休まなければ11月までには終わるのかな…?


吹雪の夜の独白

「生理」って絶対、私がすぐに思う意味じゃないよなぁ…と思っていたら、やはりそうでした。
しかし、言葉のイメージって恐ろしい。理解しても、やはり元のイメージが残ったままになる。


智恵子と遊ぶ

「シネ クワ ノン」:sine qua non/ラテン語・不可欠なもの。
二順目の時に、徹底的に言葉を調べて併記しようと思ってたんですけど、さすがにこれは書いておいた方が良いなー、と思いました。
抽象的過ぎて、どうしたらいいのかよく分からない…'ω'<でも、なんか「α次元」って聞き覚えがあるような…


報告

…年号を見て、「あぁ、戦争前後なんだなぁ」と思ってたんですが。
まさか、最後の詩で思いっきり終戦後の日本の風景がぶち込まれるとは思ってなかった…と思っているのはきっと私だけ。


うた六首

古典もっとまじめに勉強すればよかった……「いたみき」とかなんだよ…完了でいいの…???
あと、五首目の区切りがさっぱりですの…上の句と下の句でいいのかな…と割と不安しか残らない最後。




モバイル端末からのコメントはこちらへ

0 件のコメント:

コメントを投稿