2014/08/30

Power Morphicon 4~ヒーローショーあれこれ

「Power Rangers」って、ご存知でしょうか。

「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まる、日本のスーパー戦隊シリーズ。
それをアメリカでリメイクした作品が、Power Rangersなのですが。
その、Power Rangersシリーズだけに絞った、

コンベンション「Power Morphincon 4」と言うのに行ってきました。

8/22-24の週末開催で、私の参加は日曜日のみです。
今回はその中で「Fujiyama Ichiban」という、所謂ご当地ヒーローのショーについてあれこれ思った事を勝手気ままに綴りたいと思います。
(戦隊もパワーレンジャーも関係ない、と書き終ってから気付きましたが、その辺はご愛嬌)

気付いたら2000文字とはいきませんが、少々長くなりました。
仕方ない、ヒーローショー大好きだから…




★Fujiyama Ichiban とは

公式サイト(日本語版)
(英語版も合わせて読んだ方が、より詳しくなれます・ω・!)


ざっくばらんに説明すると。

小学生の時に日本からアメリカに移住してきたサンは、セバスチャン博士と自然エネルギーについて研究をする青年。
そんなある日、博士は行方不明になってしまう。
それは、二人の研究を邪魔に思う宇宙組織「ダーク・マター」が関係しているらしい!
サンは博士と共に研究をしていた太陽アーマーでフジヤマイチバンに変身し、ダーク・マターと闘うことを決意する!!

こんな感じでしょうか'ω'?


★ショーの流れ

ディレクターさんの挨拶から始まり、お姉さんの前説。


ヒーロー(/ヒロイン)ショーに行くと、必ず
「ピンチになったら、\がんばれ~!/って応援してね!」
という説明があります。
「じゃあ、練習しようか! せ~のっ! …あれあれ~、声が小さいな~???」
ここまでが形式美です。

私ですか? ショーを見に行くなら言いますよ! そこまでやらなきゃ、ショーに来た意味がないっ!
…いや、まぁ、流石に、電車ごっこを座席でやるように言われた時は恥ずかしかったですけど…!!(※一時帰国時のG-ROSSOトッキュウジャーショー。第三弾以降もやってるんですかね、アレ…)

お姉さんの前説は、ここの部分を見事に踏襲されておりました。
「3,2,1, Fujiyama~?」 \Ichiban!/
と言う感じでしたが。
(「不思議なコールだなぁ…」と思っていましたが、後々その理由が分かりました。)


ダーク・マターが登場。悪っぽいです。

全編英語だったので、細かい内容はさっぱりですが、多分定番の「良さげな人間を連れてこい」と言う展開だと思います。

ここで、唐突に「3,2,1, …」先程のお姉さんの声です。
条件反射で \Ichiban!/ と叫びます。
(これだけ唐突だと、確かにカウントダウン必要だな…と思ったのはここだけの話)

呼び出すためのコールだったのか…(一人納得)


出て来ました'∀'*<かっこいい!

出てくると同時に飛び蹴りをリアルに決めてたので「すごいな、アメリカのヒーローショー゜Д゜」となりました。その後も、割とリアルに蹴りやパンチをお互いスーツに決めてたので、寸止めじゃないのか…とただひたすら驚くばかり。
微妙にアクションに慣れしてない感じが、今後の成長を見守りたい感じです。


しかし、ダーク・マター側は更に2人増えて…


ピンチです。
ここで起こるのがブーイングだったのが非常に印象的。

日本ですと、子供たちが\がんばれー!/と一生懸命言うのですが…
帰宅後、思わず「がんばれ」をGoogle翻訳に聞いてみました。英語でそのまま表現出来る物がないんですね。一つ、勉強になりました。
…是非とも、ピンチの時の\がんばれー!/も取り入れていただきたいと思います。
(この点においては、「ヒーローを奮い立たせる」「悪者に文句を言う」という二つの側面に新たに気付き、ちょっとした国民性の違い云々という所まで思考が飛んでましたが、ごっちゃごちゃになってよく分からなくなったので割愛)

-------------------
【追記】
日常生活でもよく使われる「hang in there」の意味とは? : ツカウエイゴ

こちらを見て、もしアメリカで実際に殺陣式のショーをするなら"hang in there"が一番語感としてもいいのでは、と思いました。
(とはいえ、アメリカのショーは基本的にダンスベースなので、殺陣はちょっと難しいかな…と。文化の違いですね)
-------------------

さて。
ピンチですが、フジヤマイチバンにも仲間はいます。


ピンチの彼の元へ颯爽と登場する、ニンジャイチバン・サクライチバン。
3対4で闘います。

客席通路での戦闘・個別戦闘シーン…とてもヒーローショーです゜∀゜!



そして勝利。
ニンジャイチバンさんのどこかの所作がとても美しくて「あっ今の格好良かった!!!」となりました・ω・*<もう一度見たい。次は何時見れますかね…


ここまでで15分。私にとっては、若干物足りない…
やっぱり、ヒーローショーは一度ピンチになって会場の声でパワーアップ→撃破が…美しいと…とは言え、30分の台本を作るのも大変ですしね(ショーと言えば30分あるというのが固定観念と化しております)。
今後に期待です・ω・*


★その他

色々ございましたが、雰囲気だけ楽しもうと思って碌に下調べせずに行きましたら。
望月祐多さん・前田浩さん・竹内康博さんといらっしゃいまして、「何が起きているのか…!?」となりました。
どうやら、Power Rangers 20作目記念や二年後に公開される映画の兼ね合い等々で、今回招かれたそうです。

今だから言いますけど、私、竹内さんくらいしか言われてすぐにわからなかった…と言いますか、竹内さんドラゴンレンジャーだったのですか…まじですか…追加戦士大好きなんです(*ノノ)
ちゃんと下調べしたら、多分もっとはしゃいでたと思います。あと、やっぱりもう少しSAさんについて勉強したいと思いました。



次回あるとすれば、2016年です。
それまで、今の場所に住んでいればぜひまた行きたいな~!と思っております´ω`*
特に、新PRのお披露目が見たいです!

英語もその時までに少しでも上達出来るといいですね。映画も見に行きたいですし。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿