2014/08/10

★声 :: 智恵子抄四篇

「山麓の二人」
「或る日の記」
「レモン哀歌」
「亡き人に」



山麓の二人
「わたしもうぢき~」をどうするか、が難しいね


「試練鬢髪為に白い」の「為」は「ため」でいいのでしょうか…………………
学がないなぁ、とこういう時よく思います。


どんなに「自分なりに」と思っても、智恵子抄やろうって思った切欠の人の声が読んでる最中に頭の中で響く。無理。
「がりり」「トパアズいろ」「ぱつと」「かすかに笑ふ」…この辺が特に。


0 件のコメント:

コメントを投稿