2014/08/16

あな吉手帳術~フォローアップ講座・受講

「そうだ、(VIPラウンジ見たいから)名古屋に行こう」
そう思った時、こんなことを考えていました。

1:好きだなー!と思ってる友達が名古屋にいる
2:名古屋はあな吉手帳術活動が盛んである

この様に考えた時、「まだ受けていないフォローアップ講座をやっていただこう!」と思いまして。
そんな訳で、まゆこさんに個別セッション枠にてお願いさせていただきました!
…聞けば、旅行直前だったとかで…
(それでもやっていただけるというのは、段取りをきっちりされているということですね!・∀・*)

あ。これは4月30日のお話です。



個別セッションでの講座なので、もちろんワンツーマン。
私の場合、基礎講座もワンツーマンでしたね・ω・*

印象的だったのは
「やることリストのカテゴリ分けは、検索しやすくするため」
「今までに見た事のないタイプ」
この二つ。


>検索しやすくするため

手帳cafeで散々「やることリストのカテゴリ分け」について見ていて、「いっそカテゴリなくそうかな」と思っていました。
でも、「検索性」と言うのを聞いて「なるほど…'ω' それは必要ですね」と思いました。
今まではどうやっても納得いくものにならなかったので、「検索性」という言葉に出会えてよかったと思います・ω・*<PCのデータを自分で検索しやすくする作業は良くやってます!

言いかえると、自分でスッと検索出来るならインデックス要らないんですよね…?
今の手帳は、気付けばページのインデックスがほぼないです。でも、だからと言ってそれでストレスを感じている訳でもない。インデックスを考える方が「どう書けばいいだろうか」とストレスになるので、「これでいいや」と思っております。


>今までに見た事がないタイプ

これね、これね、前からひしひしと感じてました。私、手帳界隈では珍しいタイプって…!!(笑)
ワークで「食材リストを作りたい」を解体してたのですが…
「じゃあ、どうするか考えましょう。まずは道具を用意して」「'ω'」「その前に素材を見つける事もですかね?」「'ω'」「…?」
「先生、私、多分その前(設計図を作る)が出来たら後はサクッと作っちゃう感じです」という話に。
そのやり取りであったお話でした。

よく相談に乗ってもらってる友人とは「私はワンツーマンじゃないと無理そう」という話を以前してたのですが、この時の事で更に「お金をかけてワンツーマンにしておかないと駄目だな…」と思いました'ω'<学校は性に合わなくて良く休むし挙句やめましたしね…

え、ワークまでした食材リストですか? まだ作ってないよ!!!
作るために必要なデータがまだちょっと足りなくて…そのための「おうちごはん」カテゴリでもあるのですが。もう2ヶ月くらいデータ積み立てたら作ろうかな…と。

そんな訳で
既に何十人という人数に対して講座をされてるまゆこさんに言われたからには、もう、自分の道行くしかないな…と思いました。
出来れば、あと2~3人のインストラクターさんに個別セッションしてもらいたいという欲求はあります。もう少し、多角的に手帳を判断して貰いたい。

あとは、手帳cafeにもっと行けたらな…と思っております。
発想力がないので、他のユーザーさんが使っているのをたくさん見て、自分の中で消化して組み込むのが得意技です。

…毎度おなじみですが、途中から自己認識のお話になってますね。
えぇっと、とにもかくにも!
自己認識を改めて出来て良かったと思います。ありがとうございました!!

0 件のコメント:

コメントを投稿