2014/06/08

初めての万年筆。

一時帰国のダイジェストを突っ走っている最中ですが、ここでちょっと定期更新以外で小休止。


ここで、5/3~55/7ダイジェストの最後で軽く触れていた万年筆のお話をば!



元々、数年前に友人からABRAXAS社のインクを数本、数回にわけていただいておりました。
しかし、「さて…何時使おう…?」と密やかに悩んでいた品です。

時は経ち。
手帳の情報収集などをしていると、文具に詳しい方にもよく巡り会うようになりました。
その中で、「KAKUNOという子供向け万年筆がお手軽でとても良い」というお話がちらほらと。

第5回 kakunoで始めての万年筆体験 | PILOT LIBRARY | PILOT
↑こんな万年筆です。
1000円+税というお手頃価格、「コンバーター」という物を買うと様々な美しいインクが使える(もちろん、いただき物も使える)という事から、一時帰国中に4本買いました。
内訳は、中字(M)2本・細字(F)2本。
今の所、中字だけコンバーターでインクを充填しています。
というのが、下の写真。

KAKUNOを買った際、一緒に購入した「色彩雫-iroshizuku-」の「月夜」。
友人から送られた、ABRAXAS社の「Love ink」。
Love inkは薔薇の香りがする、とても優雅なインクです。ちょっと濃密な香りだったので、今は薄めてしまいましたが…(苦笑)


初めての万年筆。
ペンを箱から取り出し、コンバーターを差し込み。
インクの蓋を開いて、ペン先をインクに浸す。
ゆっくりとインクを吸い出して、文字を書く。

文字にすると、たったこれだけです。
しかしながら、この時間が何と言うか…素敵で、楽しくて、嬉しくて、そこから一日くらいずっとはしゃいでおりました。

はしゃいだ結果の一部
友人に「文字を書きたいならこれを」と言われました


ところで、KAKUNOは子供向け万年筆です。
ここで、唐突ですが普段の私のペンの持ち方写真。
なんか、おかしい

KAKUNOをそのまま持つ
なんとなく、おかしい

最初、そのまま書いておりましたら、物の数分で「痛い…!!!」となりまして。
持ち方を正しい物に近づけてみました。

多分まだおかしい

でも、ちょっと変えただけで書き味、凄く良くなりました。
あと、筆圧が高い事で少々悩んでいて万年筆はペン先が潰れるのでは…と少し怖かったのですが、それも軽減されました。
子供向け、侮れませんね。

そんな感じで、万年筆フィーバーが先日から続いてます。次は、こちらで一本買えたらと思います。
一方で、他にも「今年中にやりたい」と思っていた事が一つあり、そちらとこの万年筆フィーバーを組み合わせて、定期更新曜日を一日増やそうと考えました。

今回は、定期更新曜日を増やす前説。
明日が新設コーナー、明後日がいつものご飯日記、と続いて…次のダイジェスト(5/8)は明々後日になります。ダイジェスト、いつ終わるんでしょう…?

0 件のコメント:

コメントを投稿