2014/04/23

「もしもの時」の為にTwitterを設定する。

最近、お友達とやり取りして「ふむ」と思った事を。
この辺を読んで、更に「ふむ」と思いblogに書いてみる次第。
第四弾!
スマホとTwitterに関するネタが尽きるので、これが一応今回最後です・ω・*<一時帰国控えてますしね。

今回は、「スマホがお知らせで煩い場合の対処。」で通知について調べていた時に気付いた事から「こんなことが出来るのでは?」というご提案です。


※何やら昨日(日本時間で22日朝方)から、Twitter公式アプリで既にログインしているのにパスワード認証を求められ、入力するとアカウント乗っ取りがされるという事が起こっている様です。
今回のご提案は、その公式アプリのお話なので、実際に操作される場合はその事を念頭に置いて、ご自身の責任で操作を行ってくださいませ。
(書いてて、「酷い前振りだな…」と思いましたが、一時帰国前の今上げておかないと約半月後になってしまうので…申し訳ないです~><。)


「もしもの時」

テレビでも特集される事がありますが、非常事態におけるTwitterの「リアルタイムのみんなの呟き」と言うのは、上手に使うと「今まさに自分が欲しい」と思うとても有益な情報が手に入る事があります。
一方で誤った情報が流れている事もあり、「どの情報が正しいものか」を自分で判断しなくてはいけません。

「今!急いでるから!急いでるから、そんないちいち判断なんてしてらんないよ!」
…と、思いますよね? 私は思います。


正しい情報を得るために

「いちいち判断なんてしてらんないよ!」
そんなあなたの為に、今回まずご紹介するのは「認証済みアカウント」です。

「認証済みアカウント」とは、Twitter社が「このアカウントは本人確認をしています」とお墨付きを付けているアカウント。

例えばこちら
「認証済みアカウント」は、名前の横に「青いチェックマーク」がついています。
最近は、Twitterのアカウントを新しく作ると、最初のチュートリアルでこういったアカウントをフォローするように促されるようですね。

「認証済みアカウント」には、「災害時に情報を流すアカウント」を「ライフラインアカウント」として設定されている事があります
日本の隅々までカバーをしている訳ではない様ですが、ある程度の地域区分で設定されている様です。


「ライフラインアカウント」の見つけ方

PC版Twitterの操作方法です。

・画面上部の「見つける」を選択
・「ライフライン」を選択
・検索ボックスが出てくるので、情報が欲しい地域の郵便番号を入力して検索

これで、検索した地域に密着する「もしもの時に正確な情報を流してくれるアカウント」を探す事が出来ます!

ただ…
どうやら、これはPC版か携帯版(おそらくガラケー)しか今の所出来ない様です。
なので、スマホの方は先日の「モバイル/タブレットでPC版Twitterを見る。」を参考にしていただければと思います。
携帯版の操作は、この記事の末尾に参照URLを掲載します。


「ライフライン」が出ない場合

さて、「見つける」から「ライフライン」が出なかった方はいらっしゃいますでしょうか?
私は最初出ませんでした。

ライフラインアカウントの検索は、2014年4月現在・日本のみの提供です。
なので、もしTwitterの設定で利用する国を日本以外にしていると、表示されません。

・画面上部の「歯車」から設定画面へ。
・「ユーザー情報」の画面になっているので、「コンテンツ」を見る。
・「国」から「日本」を選択。

こうすると、先程の「見つける」から「ライフライン」が出るようになります。


スマホの通知を便利に使う

さて、ライフラインアカウントを探せるようになった所で、スマホの通知でもっと便利に使ってみましょう。

先日も出て来た画像。
一つずつ説明するのはやはり面倒ですので、そこはやっぱり割愛して…

「Twitterアラート」
ここに注目してみましょう。
古いバージョンをお使いの方は、もしかすると「Twitter警報」かもしれません。
どちらにしても、説明書きに「フォロー中のライフラインアカウントから重要なツイートをお知らせします」とありますね。

つまり、この通知をONにすることによって、「もしもの時」に最新の情報を(電源と電波がある限り)スマホがお知らせしてくれるという!
(ただし、他の通知はOFFにしておかないとややこしくなる可能性もあります)

「何これ、便利かもしれない!」と、私は思ったのでご提案してみたのでした!


基本、他で説明されている物を私なりに砕いて編集してるだけなので、正直どうなのかなー…とか思うけど、まぁ、これをきっかけに知る人もいるだろうな、と(毎回冒頭にリンクを貼っていた記事を読んで)思い改めたので書いてみました!'ω' <ちょっとした文章の練習にもなって、割と毎回うんうん言いながらやってましたね。
しかし、ここまで長かった! 多分、もうこんなのやらない!
何時も操作の説明してる人ってすごいって思いました!!(とか言いながら、その内またやってる気はする)

余談ですが、
私は最近地元の生活圏で起こった火事をTwitterで知り、付近にあったお気に入りのお店の営業状況を後日再びTwitterで検索して「営業停止してるの…´・ω・`」となってました。(行く気満々だったのに…)


参照

ライフラインアカウント検索ー郵便番号で地域のアカウントを見つけよう

ライフラインアカウント検索|You Tube
ライフラインアカウント検索:地域の災害情報を得るために
Twitterをライフラインで活用しようー災害時のご利用についてー

携帯からもライフラインアカウント検索が可能になりました

今回の参照先はほぼすべてがTwitter社公式のプレスですね'ω' <ところで、公式ブログ内の検索が微妙に使いにくい…(Google検索から該当する記事を探したりしてました)

0 件のコメント:

コメントを投稿