2014/03/01

あな吉手帳術の話~WISHについて

一応今回も、昨日の続き(なんでコレなの?)みたいな感じです。
(いや、私の中では「みちつなvol.3.5」から話はずっと続いている…)

★前回までの要点と、今回に至る流れ。
自分を変えたいと思っていたゆえは、今まで使っていた手帳からあな吉手帳に乗り換えました。
使っている間に、「自分を変えたい」と言う最初の目的を忘れてしまっていましたが、何とか思い出す事が出来ました。
そして、「あれ、でも今のままじゃ自分を変えるにはちょっと足りない気がする…?」と気が付きました。



日本時間・2014/1/9~10の間にアメブロで記事を上げられた方で
「一冊丸ごとTO DOになってない?」
「スケジューリング以降が丸ごとWISHになると~」
とアドバイスをいただいた方がいらっしゃるはずなんですが。
(ごめんなさい。
 読んだ時にはまさかこの様に取り上げるとは思ってなくて、お名前やURLをメモするのを失念しました…
 ご本人・またはご存知の方がいらっしゃいましたら、もう一度読みたいのでご一報いただけると嬉しいです…><。)

これ、よくよく考えると私もなんですよね。

「どんなふうになりたいか」と言うようにその後書かれていたのですが、
ふと
「もっと目立つ場所に書いた方がいいかなぁ…」
と私も思いました。

それと言うのも、何人かの方にサインを入れてもらっている付箋パッドに、一緒に閉じている言葉がいくつかあるのです。


「道は全て繋がっている」
座右の銘です。
おそらく、かの有名なローマの格言から来ていると思うのですが、これに落ち着いております。
フリペの「みちつな」はこの省略です・ω・*<だって、全部書くと長いですから…
中学生の頃くらいから、心の中に根付いている言葉です。
真価を発揮するのは「私、今何してるんだろう…」と思った時。


「童心を忘れない大人」
なりたい自分のイメージの一つです。
空の色、風の匂い、道端の小さな花…
私の中で子供と言うのは、小さな一つ一つの輝きを見逃さずきらきらとした瞳(め)で見つめて、それを楽しそうに話す、そんなきらきらした存在です。
出来れば、そんな心を忘れずに生きていきたいと高校生の頃から思っております。


「きらきら世界」
私の中に何時もあるイメージ。
きらきらと、ふわふわとしてる、そんな世界。
インスト音楽を聴いていると、大体何時もこういうイメージが頭の中に浮かびます。

ふわほわと、優しく、暖かく、
微睡みを誘うような風に包まれて、
小さな翼を折りたたんで、
大事な大事なものたちが両の手の上にふわふわ浮いてる感じ。

あくまで「きらきら」。「キラキラ」ではない。
例えるなら、RURUTIAさんの歌声の様な感じでしょうか。
特に「Dancing meme」という曲がイメージに近いです。
曖昧ですね! 言語化するのが苦手分野なので、これで感じ取ってください…!
(これで昔よりマシになっています。昔は自分の感情でさえ自分で正しく取り出す事が出来なくて、大人を困らせる子供でした…あ、今もよくたわぁを困らせてますね!)


余談ですが、先日LA DTをたわぁと歩いていた時に「pegasus building」と言う建物がありまして。
私「ペガサスかー、カッコいいねー」
たわぁ「天馬だしな。かっこいいね」
私「天馬だと、漢字的に格好良いよね」
たわぁ「え?」
私「ペガサスだと、カタカナ的にカッコいいよね。」
たわぁ「おなじじゃん」
私「違うよ! 漢字とカタカナではなんか違うんだよ!伝われよ!!」
なんて言ってました。
「きらきら」もそんな感じで伝わってください…!


私の中には、こんなにも「なりたい自分」というのがある。
一年に一回くらい、どのフレーズも10年近く・10年以上言っています。
よく「ブレないよね」と言ってもらうのですが、これらが私の奥底にあるからかなー…と思ってます。
多分、最終的なWISHの大枠。
でも、それを「実現する為の落とし込み」をしていないから、言うだけなんじゃないのかな~…と、冒頭の記事を拝見して思いました。

…って言う話!
「だからなんだ!」と言われると、一回座右の銘の話をしたかったのです…´ω`;<手帳に関係あるようでない…

ところで、そろそろ連日更新疲れて…いや、まだ書く事あるよ! 頑張るよ!
毎日更新してる人は凄いなぁって思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿