2014/03/02

「本質」の話。

年末年始くらいからつらつらと思いを馳せていた事を、
ちょっとずつ書き出してみようシリーズ。
今回は「本質」の話。
先日の、「身近な人が好き」な話。も絡めたお話です。


私、結構前から
色んな「イイモノ」を見て、
自分の中で (・~・) ってして、
それから (・ω・)! からの
(`・Д・´) これです!と出すスタイルなんですよね。

これは、ちょっと前に独り言を呟いていた時のもの。
この後、

大好きになる人もそうだけど。
自分と同じくらいかちょっと背伸びしたり、ちょっと頑張って大きくなったくらいで届くくらいの人。
プロも参考にはなるんだけど、「そこに至るまでのプロセスも全部見せてください」となる。
身の丈くらいの人だと、「あ。ここ直したらもっといい感じ」と思える。

なんて事を言っていましたら。
プロって「格好」込みだから、本質みえにくいのがちょっとロスだったりたくさん観察しないと!って気がする。
友人からこの様にいただきました(引用許可済み)。
ここで、「なるほど、私そう言えば人の本質を見せてもらうの好きだった」と気付きました。

とある作曲家さんの楽曲のみを歌う集まりで、「他の人が同じ楽曲をどの様に表現するか」と言うのを見るのがとても好きです。
私、「音楽表現はその人の本質を表す」と言い出すくらいの音楽信者なのです。この記事はかなりコンパクトにコンパクトにちょっとだけお話した感じですが、本来は「この曲のこの音が、こういう流れで来るから好き!」とか言い出します。主成分は音楽。
でも、歌詞の意味が分からないのが嫌なので、日本語以外の歌曲はほぼ聴きません。合唱でやった曲(主に聖歌)は、皆で勉強会などもしたので平気なのですが。
やはり、好きな表現をする方とは交流してると「相性いいなぁ…」とよく思います。


先日まで手帳術の話をしていましたが、手帳における「イイモノ」を求めてblogを割合見ていると思います。
勿論、認定講師さんやインストラクターさんのものも。

でも、実はちょっと前までかの姐さんの文章がそこまで好きじゃなかった…というか、微妙に苦手でした。
あ、最近はそんな事ないです。でも、変わらず私の心にはあんまり響いてませんでした。
そんな中、とある記事を読んで「あ、私にも腑に落ちる表現が出て来た」と思いました。
これと、先日の「身近な人が好き」と言う所を照らし合わせると「なるほどな~」と自分の中で凄く納得しました。
だって、プロですものね。

プロに対して「全部見せてください」は、その方のお仕事を奪ってしまう事になります。
格好をつけるのもお仕事の内です。手の内全てを見せる訳にはいかないです。それは分かってます。
でも、プロを観察するのは大変なので、身近な人を観察するのが私。
身近な人を観察して、本質を見極めながら自分の中にも取り込んでいくのが私。

人様の本質を見せてほしいと願うからには自分も見せないと!って思っている節があります。
欲しがってばかりじゃいられませんもの。
ただ、私の場合とにかく見せてほしいと常日頃から思っているので「じゃあ先に私が出すね!」となり、極稀に引かれたりもします(今思えば、そうだったのかな?という事は過去数件あったような…なかったような…)。
そんな事もあったので、今までblogにこういう考え事を書くのを微妙にためらっていたりもしてました。

でも、書いてる。だって、書きたかったから。
自分の中で熟成させるのがしんどくなったのでひたすら書いているのですね。
書いてるけど、どこに着地したいのかまったくわからない~(笑)

そんな、身近な人が好きな理由からの本質のお話でした。
うーん、微妙に納得がいかないけど、無理矢理締めます!


【追記:PST08:50】
このblogも、引っ越してきてからの文体が自分の文体じゃなくて「自分で書いた文章に対して自分が気持ち悪い」と思っていたのですよね。きっと、自分で自分を覆うカバーをかけていたのもあるんでしょう。
今もちょっと「よそ行き感」が拭えませんが、大分修正されてきたかな~と。
多分、好きな物の話をしたのもあるんでしょうね。あれでも控えてますが´ω`*<もうちょっと自分で読み返した時にすんなりと入ってくるように軌道修正したいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿