2014/02/28

あな吉手帳術の話~なんでコレなの?

一昨日(手帳術の出会いと乗り換え)の続き。

★前回の要点と、今回に至る流れ。
自分を変えたいと思っていたゆえは、今まで使っていた手帳からあな吉手帳に乗り換えました。
が、十数年来の友人から「なんでその手帳なん?」と問われ「何故なんでしょう…」となりました。


何故なんでしょうね。
本当、何故なんでしょう。

何故こんなに思い悩むのかと言うと、「なんでその手帳なん?」と聞いてきた相手が相手だったから。
聞いてきた相手は、普段「悪友」と呼ぶ親友。彼女は言語化能力に非常に優れており、こちらの記事でもちらっと出て来た子でもあります。
あな吉手帳ユーザーさんあるあるだと思いますが、この手帳を持っていると「なんでそんなに大きいのが必要なの?」など、色々言われますよね。
でも、彼女は物を見抜く眼もしっかりしており、私があな吉手帳を始めた頃に私の拙い説明と手帳を見て、便利なツールである事を認めてくれているのです。

つまり、この「なんでその手帳なん?」は「便利なのはわかってるけど、その便利さは他にも色々選択肢がある中であな吉手帳術を選んだ理由は何?」と言う質問なのです。
(多分。間違ってたら、きっと「違ーう!」とツッコミが来るはずです。多分)

そしてここで、「何故なんでしょうね」に戻ってくるわけです。


アメリカに引っ越してから最初の2ヶ月、船便や義実家からの荷物を待つだけで家の中になーんにもなかった頃(※引越し当時はコーヒーテーブルしかなかったのですよ、我が家!)は、手帳もほったらかしでただひたすら怠惰な毎日を過ごしていました。
そこから、日々やる家事のルーティン付箋を休み休みながらもやっている今と比べたら、少なくとも、今の方が『私の心が豊か』だと思います。

でも、これだけじゃ足りない。
これだけでは、彼女の疑問に答えられない。


私は手帳に「煌白(きはく)」と言う名前を付けています。
 きらきらと輝いた毎日。
 何色にでもなれる白色。
由来は、この二つからきています。

あれ、待てよ…そう言えば、この記事で「前に進みたい」「成長したい」って言ってる?
そもそも、始めたきっかけは「自分を変えたいと」って言ってる…?

あ、そうだ。
自分を変えたいと思ってたんだった。
( 初 心 を 忘 れ て る )

そんな中で、凄くきらきらしている気がしたあな吉手帳術に可能性を見たんですよね!
何より、色々工夫してる時が楽しいんですよね!

…えへへ、ちゃんと自分の中に答えがありました★彡
ちょっと整理して書き出せば直ぐに分かる事だったのに、何を数週間悩んでいたのでしょう…
これで答えになってるかしら…なってるといいのですが。
私の場合、こういう直感めいたものはこれ以上説明が出来ないんですよね。もしかしたら、いつかは説明出来るかもしれないです。が、私の中では納得してるので、今回はここまで!


追記:
この文章をUPする前に奈菜さんのblogを拝見して「あ、そっか」と再納得しました。
「あな吉手帳術を使って 私はどうなりたいのか!!」を
忘れずにいること
自分の最初の「動機」を目標に掲げて
手帳を使っていくことが大事なんだと思いました(*^_^*)
初心忘れるべからず、ですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿