2014/02/27

あな吉手帳術の話~手帳術の出会いと乗り換え

ちょっと前まで、とにかく今すぐマスター講座が受けたかった私です。

そもそも、なぜ今回こんなタイトルかと言うと、「新春あな吉手帳ブログ祭り」を見て「私も一回まとめておきたいな~」と思ったから。
1月にやってた企画なのに、 今 更 !

これが、時差ってやつです!(ドーン)

…すいません、嘘です。
書きたいと思って気付いたら、こんな時期になってました。



★そもそものあな吉手帳術との出会い

漠然と「自分を変えたい」と思っていたここ数年間。
そんな折、同級生が「主婦の為の手帳術をやっている」とSNSで日記を書いていました。
それを見て、「手帳なら普段から持ち歩いてるし、上手い事使えばなんか変わるかも!」と思ったのが2012年の始め頃。
私はこの頃、毎年10月始まりのMARK'S社の手帳をずっと使ってました。
わさぁ。

「出来れば今のこの手帳で出来る手帳術がしたい…」と思って購入したのが、こちら。
マンスリー&ウィークリーで幸運を呼び込む「2度書き」手帳術|さとう めぐみ
(amazonに飛びます)

結論から言うと、私には合わなかった。
「先に全部書く」はイメージが追い付かなかった。
「二度書く」と言うのが、きっちりやらなくてはと強迫観念に迫られた。
「書かれてる内容が出来なかった」と思うのがしんどかったし、それが目に入るのが苦痛だった。
1ヶ月くらいやってみましたが「精神的に無理…!!!」と「ぽーっい!」とやめちゃいました。
相性、悪かったんですよね。
友人からも「なんでその手帳術を(私には合わないだろうに)やろうと思ったのかが分からなかった」と言われました…先に言ってよ…(言われる前にとうに始めてました。思い立った日が吉日です。)

そんな事言ってる間に、最初に手帳術なる物を始めた友人はなんだか良い感じに暮らしてるっぽい…

えーい、大変だけど手帳乗り換えてやれー!

と、乗り換えたのが、あな吉手帳術でした。


★そんな訳で、あな吉手帳術始めました。

ビジュアル本(amazonリンク)を参考に、必要な物を揃えて開始。
「A5・6穴バインダーはどこー!」「初期費用結構掛かるね!?」なんて言ってましたが(笑)

コレが 私には 当たりだった。

元々、スケジュール管理をする為の手帳の他にメモノートの類を数冊持ち歩いてた私。
「全部、手帳に入れたらいいじゃない」と全部入れちゃいました。
総合的に手帳一冊持てば大丈夫!となり、荷物管理がとても楽になりました。
(代わりに、携帯を忘れる事態が多発しました…)
紙とペンも常にあるので、何か思いついたらすぐメモれる。
常備してるマステが役に立つ場面にも何度か遭遇しました。
忘れっぽくても、とりあえず書いておけば何とかなる。
それから、自分なりに可愛く出来て「自分なりでいいよ」と言ってもらえるのが嬉しかった。
友人からも「君にはとてもよく合ってる」と言ってもらえたり。

そんな訳で、2012年6月頃から本を頼りに始めました。
その間に、たわぁが海外異動決まったり、私もそれに着いて行く事を決意したりで、手帳術講座より先にセルカン講座を受講するに至ったりするのです。

…長くなりました。
「だから、なんであな吉手帳術なの?」と言う話までするつもりだったのですけれど…
うーん…仕方がないので、続きは明後日で。。

0 件のコメント:

コメントを投稿