2014/01/04

私にとっての「役に立つ」という事。

これの「誰かの役に立てる自分になる努力」に関する、ただひたすら自分の事について考えている文章です。



この一文が出てくる前、今年の目標を書く前に、セントラル・イメージの無しでblog「*PECO*」についてMMを書きました。
2013年振り返り。」で「方向性をちょっと悩んでおります。」と書いた後に、一度整理しようと思っての事です。
イメージなしだったので、書くのは2014年をテーマにしたMMより捗りませんでしたが
「私の体験を通して誰かの日々の糧になり、糧になっているという事を伝えられると私が幸せになる」
と言う文章が最終的に出て来ました。

簡単に言うと「誰かの役に立ってる事が自覚出来ると幸せ」ですね。
(一種の思考癖。私の中では最初の一文が「一番合ってる言い方」と思っているのですが、おそらく「なんで回りくどい言い方してるんだろう、と思われそう。)
これは、「自己肯定」を一番分かりやすくする方法じゃないのかな…と読み解きつつ。
「誰かの役に立つ」と言うのは、だからと言って「不特定多数」でもないな…と。
「誰でもいいから、役に立ちたい」と思うなら、
こんな風にWebの片隅で細々とライフログを綴る様にblogを書くのではなく、
アクセス・ランキング上位を狙うような、そんなblogを書けばいいと思うんですよね。
今、ご飯日記と定点観測に前置きを書いているのは
「(ご飯日記に対して)参考にさせてもらってます」と言葉を頂いた事があり、「誰かが確実に読んでくれているなら、ちょっとでも楽しい方がいいかな」と思っての事からです。
引っ越をしてblogを本格的に始める前から、うっすらぼんやりと「特に大事な"身近なあの人"の役に立ちたい」と常日頃思っていたのですが、これは「私が助けられる範囲は限られていて、私の手が届く範囲で無理なく役立ちたい」って事ですね。
実は、ちょっと前から言語化したいなと思っていた話。ただ、凄く何かの作品に似た様な台詞があったような…何の作品だったか…と思っており、書いてなかったのでした。
えぇ、今回ちゃんと書く為に調べました。
「人が人を助けていいのは、自分の手が直接届くところまでなんじゃないかって」
(仮面ライダーOOO・第32話/火野映司)
調べて、これを最初に聴いた時「あ、これだ」と思ったのを、思い出しました。
何となく、凄く心に残っているのですよね。
自分の身の丈に合ったサイズで何事もやるべきだよな~…と感じた物です。
今までもしれっと書いてますが、戦隊シリーズと平成仮面ライダーシリーズが大好きです。
(この話をする、と友人にSkypeで言った時に言われましたが、これ、2010年秋~2011年夏の作品ですね…32話なので、2011年5~6月放送くらいの物ですね…)

さてはて、しかし何故こんなに「役に立ちたい」と思うのか。
これは、「自己肯定」を一番分かりやすくする方法じゃないのかな…と思います。
子供の頃、親に「何故出来ないのか」と言う言葉を相当な回数浴びて育ってきて、その為に中々自分で自分を肯定する事がハードル高いのですね。
「出来ない、駄目な自分」と言う認識が身に付いている。
だからこそ、自己肯定するのに一番分かりやすい「他者に認められる自分」を求めているのかと思います。
昔よりは自分で自分を肯定出来るようにはなってきていますが、やはり幼い頃の体験と言うのは身に染みついているようで…まだまだ、他の方の力を借りないと一気にぐらついて駄目になってしまうことが良くあります。
(ぐらつくと、大体ご飯日記のレシピ一言メモ辺りにすぐ反映されるので、実は見返すのが一番怖い場所だったりします/苦笑)

そんな訳で、当blogに対する反応を365日24時間・年中無休で私はお待ちしております。
尚、今特に募集中は「こんなことは書かないですか?」と言うご意見です。良ければ!是非!
多分、改めてちょっとした問いかけをその内します。スレテオタイプの駐在妻についてを(笑)
あれ…もしかして、blogの方向性について決着ついてない…?
…あ、blogを読んでくださってる方が育てるblogですね。
「交流が持ちたい」と思うならば…という事で
サイドバーとプロフページからお便りが出せるようにリンクを作りました。
テレパシーなど私が受け取れない方法でなければ(笑)、コメント・メールフォーム以外でも大歓迎です~´ω`*
----------キリトリ線----------

「出来ない子と言われていた」の辺りが誤解を招きそうなので補足。
(このblog、母を直接知っている方にも教えてますし、親も見てるかどうかはわかりませんが教えてはいるので)
この「出来ない」は、「日本の世間一般・普通の人が出来る事が出来ない」為に「何故出来ないのか」と言われていたという事です。
宿題をやらないとか、学校に遅刻せずに行くとか、ご飯を毎日きちんと食べるとか、そういう感じの事です。
このblogを読んでくださっている多くの方が普通に出来るであろう、「日々する日常的な事」のこういった事が私にはとても難しいのです。習慣付けれたら、とは思ってるので、足掻いてはいるのですが。
が、ここ数年、友人達のおかげで「でも私は別の事が出来るから、それでいいではないか」と思える様になってきました。
ある意味での開き直りですね!
だって、普通じゃないですもの!
そんな私でも、気が付けば入籍してアメリカに暮らしてたりするので、多分世の中って諦めなければ何とかなるんだと思います。
多分、今のこのblogはある意味私の成長記録的な側面がありますね。

まさか、こんなに長々書く事になるとは…(苦笑)
と思ったんですが、文字数にしたらたかだか2000文字程度なんですね。
そんなに長くなかったです。まだまだ、さらっと読める程度でした。
書ける時は1週間程度で2万文字とか書いて、一気に出しますからね~。
小出しは苦手ですので、近頃よく読ませていただいている手帳術関係blogを拝見していると、皆様器用だなぁ…と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿