2013/12/19

セルカン講座・その後。

ずっともやもやしていて、吐き出すか吐き出さないか結構悩んでいたんですが。
存外、吐き出す…書き出すとあっという間にすっきりする所があるので、やっぱり書いちゃいます。

ただの長い独り言なので、割と字詰めです。
あと、つらつら書いてるだけなので、手帳関係カテゴリじゃなくてその他カテゴリで。



昨年の9月に 前編 。今年の2月に 後編 を受講したセルフカウンセリング。

前編を受けて暫くした時からもそうですが、「折角受講したのにやってないのがもやっとする」と言う自分に時折、もやもやもやもやっとしています。

そもそも、何故受講したのかと言うのは前編の記事に「近い将来、コレは必要になります!なので、早急に受けるべきです!」と書いてるのですが、この時、既に引っ越しを決めていました。
ごくごく身近な数人の友人には「いつ頃行くか」という事を含めて伝え、(当時は)彼氏と共通の友人達には「いつかは行くのかな」と思われていた頃。それ以外の趣味繋がりの友人知人には一切言わずにいた頃でした。
大阪から住まいを変えた事がない自分が、苦手と言うより嫌いな英語が主に話される土地に行く、と言う不安を見ない振りをしていた頃です。

ちなみに、英語はやっぱり苦手です。
でも、喋れなくても生きて行けちゃうから無理に仲良くなろうとしなくていいかな~、とゆったり考えております。
英語が好きな人からすると「なんて勿体無い!」と言われそう…いや、言われましたね…ですが、「興味のない物はそもそも右から左へ抜けてしまう」性分が中々改善されないので、今後もこのままな気がします。PowerRangersも朝6時からの放送だと見ませんものね…起きれない…
あ。興味のある物なら、全力です。お陰様で、郵便事情には結構詳しくなりました(笑) 最近の自分ではどうにもならない心配事は、出した日本宛てのグリーティングカードが無事にクリスマスまでに届くかどうかです。

話を元に戻して。
確かに、受講後の自分の考え方…思考の道程は結構変わっているな…と思っております。
ちょっとした事でも、メリット・デメリットが瞬時に頭に駆け巡ったりとか。
自分の中でのベストと思える所を目指せれるように調整したりとか。
ただ。
これについては、幸いにも講座を受ける前から何度か悩みを聞いて貰って自分が納得する形で解決法を提示してくれる、そんな友人がいたからかも…? その友人の真似をしているからかも…?

…と。
ここまで書いたところで、そういう友人の存在がある中で自分で実際に同じ様な事をする場合の道順を教えてもらえたから、自然と出来るようになったのかな、と思いました。
ただ、そもそもの悩みの入り口がどこにあるのか分からない…と言う、そもそも「どこからスタートしたらいいのか常に靄がかっていてわからない」と言う問題点があったりします。
前述とは別の友人で言語化がとても上手な子がいるのですが、二か月ほど前に「ちょっと私の良い所教えて」と投げ掛けました。一部を大雑把にまとめると「感性重視で生きてるよね」という事で…私の場合、その感性を大体音楽・歌に変換してアウトプットする傾向があるので、自力での言語化は苦手みたいです。なので、いつも悩みを相談する友人に「私の代わりに何とかして!」とSkypeを飛ばします。ここ数か月割としょっちゅうですね。ありがとうございます、いつもお世話になっています。

音楽に関しては、最近、好きな曲の好きな箇所がどう好きなのか。「今こういう曲が聴きたい・唄いたい」と言う気分は何故なのか、という事を考えるのが楽しかったり辛かったりします。
着眼点を変えると、聴きたい曲から「とりあえず何か疲れているっぽい」と分かるので、有難いと言えば有難いです。

段々、着地点が見えなくなってきましたね…?
「あ、これ書きとめたい」って思ってる時って、大体何かしている訳でして。
でも、終わった瞬間に忘れるんですよね!
今回は、ここ1か月で散々思い巡らせていたのでちょっと書き出してみたら、一日があっという間に過ぎていました。
何かしている時は、手を止めるとその作業が放置される事も多い…
私に必要な物は、きっとSiri日本語版だと思うのです。私の代わりにメモを取っていただきたい。
いや、それ以前に何か対策出来そうな気もするんですが。
気がするだけ。何度か試みましたが、妙案は思い浮かばずです。
言い訳をするなら、思考が走った瞬間、凄い速さで進みつつ思考が逸れていくので後から…となるとかなり大変なんですよね。ただ、最近は割と毎回同じ思考の道を通る事が多いので、欠片だけでも書き留めて、今回の様に書き出せればなぁ…とは思っております。またブログの内容が散漫になる…(苦笑)

着地点が本当に見えなくなってきたので、とりあえずここで終わっちゃいましょう!
多分、集中力が持たなくて、最後まで行く前につい違う事始めるのが着地点見失う最大の原因ですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿