2013/08/23

みちつな vol.1~補足

フリーペーパーをご覧になって、こちらのblogまでお越しいただきありがとうございます(*・∀・*)!



※この記事は、8/23~25の福岡で行われた講座に伴い開催されたフリーペーパーフェスで私が出した「みちつなvol.1」の補足の為の記事です※



★次回予告★


次は、千葉のフリペフェスに参加予定です。

「みちつな」は基本的に私の実体験に基づく海外生活を載せて行くつもりですが、何か「こういうのが特に知りたい」という事がありましたらコメントに書いていただくとフリペ内容に反映されるかも…です!
フリーペーパーを手に取っていただけない場合であっても今回の様に、blogで配布時期を見計らい補足や紙面だけでは収まりきらないお話をしております(*・ω・*)

あ!引っ越したらテーマを変えます(苦笑)
開催されない場合も、友人からもこういった事に興味があると聞いているのである程度のペースで書いていきたいとは思っております。








★Marina del Reyという場所についてもうちょっとだけ詳しく


日本語Wikiページ

英語Wikiページ

(私は英語のページを未だにちゃんと読んでません^^;)





こんな感じで、ヨットが沢山。家から幾許か歩いた先の風景。

海街なので、8月と云えども朝夕はとても冷え込みます。長袖パーカーが未だに手放せないです(苦笑)
そして、お昼は直射日光がキツい…



★時差


アメリカは東西に広がっているので、ペーパーでは「私が住んでいる場所」という表現になっています。



↓分け方はこんな感じ↓


・東部標準時(ニューヨークなど)

・中部標準時(シカゴなど/アメリカじゃないですけど…;)

・山岳部標準時(ソルトレイクシティなど)

→太平洋標準時(ロサンゼルスなど)←私はココ

・アラスカ標準時

・ハワイ・アリューシャン標準時

これだけ同じ国で時差があると、TVを見るのがちょっとだけ大変です。

番組CMでは「8ET / 7CT」などと表示が出る事があります。
これはそれぞれ「東部/中部」の時間を表示しており、「ニューヨーク辺りだと8時からやるよ!/シカゴ辺りだと7時からやるよ!」と言う意味になります。

この「ET」などの表現…

本来は "East Standard Time" などとなり、 "EST" が本来の省略表現。
じゃあ、どうして「ET」?

そうです、サマータイムです。

サマータイムは "East Day Time" と言って、 "EDT" となるので "ET" とだけ書くのですね~。TVを付けるようになってから覚え…いえ、調べました。

時差で大変な事は他にもあります。
 基本的にアメリカのビジネスはニューヨークが中心。その為、会議の時間はET準拠。

ニューヨークとロサンゼルスは時差が3時間です。

たわぁが「朝一で会議があるんだよね」と言ったら、大体は朝9時から…でもそれはニューヨークのお話です。つまり、こちらですと朝6時です。早いですね!早過ぎだと思います!


余談。
日本標準時も "JST" と書きます。詳しくお調べになりたい方はこちら(Wikiページに飛びます)などからどうぞ。

さらに余談。

先日までハワイ辺りにいらしたカントリー姐さんとは2時間の時差がありました。

なので、時間帯の事を書かれている記事の場合、時差計算が…はい、もうよく分からなくなってました!

このblogもそうですが、日本時間で書かれるんですよね…落ち着いて考えないともういつ投稿されるのかさっぱりです~(笑)

2013/10/14・追記:
同じタイムゾーンでもちょっと違う!?「PST」と「PDT」の違いとは? | ツカウエイゴ
よりわかりやすい解説があったのでぺたぺた!

0 件のコメント:

コメントを投稿